Bioprogressive Study Club 2019 Gugino Course のお知らせ

日本でのGugino Course 受講のラストチャンス

Gugino 先生は、1979 年以来継続的に来日し、Bioprogressive 法の講習会を40 年間にわたり好評のうちに開催してまいりました。Ricketts 先生の創始したBioprogressive 法とGugino 先生の提唱したZerobase Orthodontics の診断・治療体系は今世紀に入り融合し、Zerobase Bioprogressive法として確立され、その理論は常に発展し続けております。症例の難易度に応じた診断と治療の個別化を可能とする本法は、成長を加味した4 次元的な治療目標(VTP)の設定や段階的な治療術式と不正咬合のメカニカルアンロッキング、歯列弓分割化の意義とテクニック、機能不全の診断と治療によるファンクショナルアンロッキング、咬合理論、保定などを包含する広汎な臨床体系です。個々の症例における形態と機能の調和を図る本法の診断と治療計画の立案は、患者のモティベーションを高め、その信頼獲得に貢献します。IT により患者情報が飛躍的に増加し、デンタルIQ が向上する中、PC を活用した診断と治療を直結するシステムは、患者のニーズに答えるとともに、術者には確固たる解答と安心を与え、未来への指針となるものと確信しております。

しかしながら、大変残念なことではありますが、Gugino 先生が来日して直接講義する形での講習会は、本年を持ちまして終了となります。この素晴らしいZerobase Bioprogressive 法の講習会は別の形で継承していく予定ではありますが、本年のコースは、Gugino 先生から直接受講するラストチャンスとなりますので、お見逃しなきよう、ご案内申し上げます。

2019 年度開催コース

Zerobase Bioprogressive フィロソフィーコース

診断と治療を直結する Zerobase Philosophy 基本コース:直に臨床に役立ちます

日程 2019年6月16日(日)~19日(水) 4日間
定員 40名
参加費 一般:200,000円 BSC会員/大学常勤者:180,000円
Zerobase Bioprogressive メカニクスコース

Bioの代名詞UAの機能と活用の実際編。マルチに活躍するUAの臨床応用の実技コース

日程 2019年6月20日(木)~6月22日(土) 3日間
定員 30名
参加費 一般:150,000円 BSC会員/大学常勤者:135,000円
Zerobase 混合歯列期の治療と気道障害コース

混合歯列期の診断と治療、QHなどの補助的装置の紹介と適応症の選択、設計と作製
混合歯列期における気道障害および睡眠障害の予防のための矯正歯科的アプローチ

日程 2019年6月24日(月)~26日(水)3日間
定員 30名
参加費 一般:150,000円 BSC会員/大学常勤者:135,000円
技工士:45,000円(DR同伴に限る) ◎材料費別途:実習お一人につき10,000円

会場

JM Ortho・セミナールーム
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル14階
TEL:03-5281-4711

参加費用振込口座

参加費は下記の指定銀行口座まで必ず個人名にてお振込み下さいますようお願い致します。
ご入金の際の振込み明細が領収書となります。振込手数料は各自ご負担ください。
三井住友銀行神田支店 普通口座 2681912 グジノコース事務局

※ 6月23 日(日) BSC Case Presentation Day
 初めてPhilosophy Course を受講された方は、無料で参加できます

過去のGugino Course情報

Bioprogressive Study Club 2018 Gugino Course 平成30年6月17日(日)~6月26日(火)10日間
Bioprogressive Study Club 2017 Gugino Course 平成29年6月18日(日)~6月27日(火)10日間
Bioprogressive Study Club 2016 Gugino Course 平成28年6月12日(日)~6月21日(火)10日間
Bioprogressive Study Club 2015 Gugino Course 平成27年6月5日(金)~6月15日(月)10日間
Bioprogressive Study Club 2014 Gugino Course 平成26年6月23日(月)~7月3日(木)10日間

会員ログイン

セミナー案内

  • Gugino Course
  • Basic Seminar
  • ワンデーセミナー
  • Case Presentation
PAGETOP
img.12

Copyright © B.S.C. Japan 矯正歯科研究会 All Rights Reserved